クラッチ


BEFORE

革の元々の表情を生かした素上革のクラッチバックです。手で持たれる部位が、どうしても変色してしまいますね。手のひらの皮脂・アンモニア等で革の表皮が変色し、汚れ・シミの成分を除去しても目立ちます。そこで、元々の色目を出そうとすると、顔料=ペンキで均一な色でカバーできるのですが、この鞄の特徴である革らしい素上の表情がなくなってしまいます。そこで、染料仕上げをおすすめすることになりました。透き通った表情の染料仕上げでは、色を濃いくすることで、変色を目立ちにくくすることで、革の風合いを保ちまた末永くご愛用頂ける様に修繕させて頂きました。

AFTER

クリーニング, 外装特殊しみ抜き, 下地処理, 金具等保護, 色修正1色,