プラダバック


スレ・キズ修復

BEFORE

修復工程は、➀全体汚れ除去 この商品においてはシミ汚れの輪染みの輪郭が固着しており、シミの成分を分解しても変色していました。②下地処理(キズ・スレ対処)③革表面再生処理(表面の風合いに合わせた溶剤調合・積層組み合わせ)④トップ処理は鞄オリジナルの素材・風合いにあわせます。

AFTER

クリーニング, 下地処理, ステッチ保護, 金具等保護, 色修正1色,