シャネルバック


BEFORE

革の汚れを除去し、シャネルオリジナルの表面加工を均し、下地を作り、革の表面を再生していきました。表面加工は、5~6層重ね、その中に、染料・顔料が入ります。調合液は、革の本場イタリヤ製のものであり、ラグジュアリーブランドが革の表情づくりで使用するものと同じもので、革の表面を作り直す再生を行っています。

AFTER

クリーニング, 下地処理, 色修正1色,